2018年10月15日 11:41 AM

『運動会』

「運動会」を開催しました。紅組、白組に分かれ、ハチマキで気合を入れ選手宣誓!!ラジオ体操と応援合戦を行い、いざ競技スタート。今年は久しぶりに借り物競争、毎年恒例の綱引きと風船バレー。物干し輪投げも行いました。風船バレーは、ご利用者様が熱狂される為、椅子から立ち上がらないよう見守りました。

デイサービスでは、毎年認知症ケアについて勉強会を開催しています。今回は、「認知症の利用者を支える支援」として事例検討をしました。

「90歳、独居生活、身内は無く認知症状が見られるようになった方」の生活を知り、どの様なサービスが適しているかを話し合いました。日頃、デイサービス職員として働いていると、デイサービス利用時の様子や関わり方を中心に考えてしまう傾向があります。今回の勉強会を通して、自宅での様子やデイ以外の介護サービスについても考えられる良い機会となりました。

2018年9月27日 3:17 PM

『愛知県学習療法勉強会』

 今回、「第9回愛知県学習療法勉強会」がヴィラトピア知立で開催されました。

学習療法とは認知症を患った方の脳機能維持や改善、また認知症を予防するための非薬物療法です。ヴィラデイサービスでは平成25年8月より導入。現在は9名の方が学習に参加されています。勉強会は毎回違うテーマで学習における悩みを共有し、より良い学習につながるよう年の数回行われています。今回のテーマは「学習療法をご家族等に発信していく取り組み」で、どのように学習の様子や変化をご家族様にお知らせしているかを施設ごとに発表。その後、今後に繋がるヒントをグループ討議しました。家族へのお知らせは個人宛、全学習者様宛、写真付き、検査結果付きなど様々でとても参考になりました。ヴィラデイでは月に1回「日報」をご家族様に渡していますが、また違った方法でお知らせすることで、「やって良かった」と言って頂けるよう努力していきます。

2018年9月20日 3:15 PM

『敬老会』

デイサービスでは敬老の日を含めて4日間、「敬老会」を実施しました。ボランティア様や小中学生による和太鼓の演奏、いつもより少し豪華なおやつで特別な時間を過ごしていただきました。初日は「菜の花会」様の舞踊の披露。ご利用者様も一緒に踊れる機会をもうけていただき思い出深い1日になりました。2日目は竜北中学校の生徒さんの和太鼓演奏。中学生の力強い、迫力ある演奏に圧倒されました。3日目は知立東小学校の生徒さんの和太鼓演奏。全身を使っての一生懸命な演奏に大きな拍手が起こりました。4日目は「愛美会」様の舞踊の披露。様々の衣装を替えての華やかな踊りに魅了されました。ご利用者様の楽しそうな笑顔に実施して良かったとの思いと、貴重は時間を割いてくれたボランティア様、小中学生さん、先生方に感謝の4日間となりました。

2018年8月25日 3:10 PM

『映画鑑賞』

 今回の映画鑑賞会は“鬼平犯科帳”。

利用者様から「良かったよ」と感想を頂きましたが、もう少し画質をUPさせたい反省点は残ります。更に改善し満足度向上を図りたいと考えています。

2018年8月15日 3:12 PM

『すいか』

 畑仕事を日課にされていたA様。デイ利用当初は、沢山の野菜を作られていましたが、腰痛や体力低下で作れる野菜も減ってきていました。ある利用日にA様より、「スイカがなったから食べて欲しいけど、持てないから取りに来て欲しい」と嬉しいお言葉を頂きました。職員も一緒に収穫し、甘くて美味しいスイカにビックリ!A様らしく生活ができ、来年もスイカが育てられるように職員一同願っております。

2018年7月20日 3:07 PM

『手作り喫茶』

毎月行われているデイ喫茶ですが、毎年7月は手作り喫茶とし題し、ご利用者様に作っていただいています。今年は抹茶プリンパフェ。抹茶プリンを寒天、あんこ、スポンジが層になって入れてある器にひっくり返しのせ、周りにフルーツをちりばめ、ホイップを飾りつければ出来上がり。ボリュームも満点で「こんなことしたことない」「美味しいわ」と喜びの声が上がりました。

2018年7月11日 6:12 PM

「朝顔」

『朝顔』

5月の初旬、朝顔の種をご利用者様に蒔いてもらいました。その後はすくすく成長。りっぱな花を咲かせてくれました。次々に咲く花を見て、「来るのが楽しみだわ」と言って下さるご利用者様もいらして、顔をニヤつかせながら水遣りをしています。

2018年6月24日 3:20 PM

『ドリンクバー』

今月は、「和食酒家 縁」にてお刺身ランチを楽しみました。ドリンクバーも付いているので「飲み放題でラッキー」と思えますが、糖尿病(予備群含め)などの制限で単純に喜べない方もみえます。職員の悩みどころです。糖尿病の方に合わせてみんな無糖で提供すれば平等?管理しきれないのでドリンクバーは中止にすれば安全?などの極論の考え方もありますが、安易な考えになると何が平等で自立支援(自己選択)なのか?とも考えさせられます。

今回は、ご家族様にも限度量を確認し、最初と最後の各1杯を基準に選択して頂きましたが、皆さん食事も沢山食べてお腹一杯。それ以上希望される方もいなかったです。今後も、介護のプロとして様々な視点で物事を考えられるように努力が必要と感じています。

2ヶ月ほど前からデイ職員3名でシャボン玉部を発足。業務終了後に部活と称して影の特訓をしてきた理由は演芸会!

15日の本番では、特訓の成果を披露しサッカーボールくらいのシャボン玉やその3倍ほどのシャボン玉を見てもらうと皆さん大盛り上がり!大成功!

皆さんの「反応が鈍かったらどうしよう」という不安もあっという間に吹き飛び、報われた一日となりました。

先頭へ戻る