2019年11月8日 12:23 PM

『今月は”紅葉”』

 今月のお茶会のお菓子は「紅葉」です。ご利用者様は、「今の季節にぴったりね」と眺めながら味わって下さいました。「こんなきれいな紅葉を見に行きたいわ」との声も上がり、食堂の窓から外の銀杏の木を眺め、「紅い色もあるといいよね」と、口々に想いを話されていました。

2019年10月23日 11:11 AM

『収穫を味わう』

 先日、ご利用者様と一緒に収穫した「銀杏」を、喫茶のオードブルとして提供しました。「季節を感じられていいね」「この香りがたまらない」「食べられるようにするには手間がかかるのよね」「私は苦手」など、それぞれに感想を下さいました。苦手な方には申し訳ないですが、施設の庭で季節を感じられる植物(実が成る)があるというのは、楽しみにつながります。

2019年10月12日 4:17 PM

『久々の大盛況!』

  大きな勢力の台風19号が近づき、天気は大荒れ。当法人のデイサービスやホームヘルパーも活動を中止した10月12日。ケアハウスでは恒例の月行事「喫茶」を開店しました。普段ならデイサービスへ行き、喫茶に来店できない方々も数人見えて、店内は「久々の大盛況」。先月までは涼を求めてクリームソーダの注文が多かったのですが、本日は涼しさからスープやぜんざいなどの注文が多くなりました。ケアハウスとしては、思わぬ「台風のおかげ」となりました。

2019年10月11日 10:15 AM

『銀杏収穫』

 ケアハウス前の銀杏の木が年々大きくなり、銀杏もたくさん成ってきました。台風19号が来る前に、ご利用者様の協力を得て収穫しました。「すごい匂いだね」と言いながらも、皆さんは楽しそうに拾って下さいました。この後は、理事長が特殊な技を駆使して洗って下さいます。月末の喫茶には、「秋の味」が楽しめそうですよ!

2019年10月7日 9:42 AM

『初任者研修始まる』

 今年度の「初任者研修」が、当施設のケアハウス・談話室を会場にして始まりました。今回の受講生は16名で、ほとんどの方が自身のスキルアップを目的としています。また、資格を取ることで、転職や現在の職場での活用、両親の介護に役立つなどと考えているようです。これから4ヶ月間、毎週日曜日に講義を受けることは、決して楽なことではありません。講師を務める当施設の職員は、少しでも楽しく、かつ身につく講義になるよう心掛けています。受講生の皆さん、頑張って下さい!

2019年10月5日 4:42 PM

『旬を先取り』

 今月のお茶会のお菓子は「柿」です。秋らしい響きですが、まだ庭の柿の木は十分に実っていません。色づいてたわわに実るのはもう少し先のようです。そんな「柿」を、少し先取りして味わって頂きました。ご覧の通り、十分に色づきがなく、まだ碧さの残る柿をうまく再現してあります。餡の中には干し柿を刻んだ粒が入っていて、香りも十分に「柿」でした。

2019年9月13日 4:45 PM

『今年の敬老会』

 昨年までは「長寿を祝う食事会」と題して、敬老の祝いを行っていましたが、今年はネーミングにこだわらず、「敬老会」として、ご家族2名も参加して下さり、楽しんで頂きました。1年を振り返る「スライドショー」は、「そういえばこんなこともあったなぁ」と思い出したり、最近入所された方々には「こんな色々の行事をやっているんだね」と思って頂けました。6月の演芸会に活躍できなかった職員の踊りを、歌でサポートして下さったご利用者様。また随所に笑いもあり、「食事も美味しかった~」と満足して頂けました。

2019年9月11日 5:00 PM

『メインは和菓子です』

 今月のお茶会のお菓子は「萩」。秋の七草のひとつです。「色合いがいいわね!」と好評でした。ご利用者様の中には、「お抹茶は苦手」と言われる方もいて、今月から紅茶やコーヒーもご用意したところ、参加者も増えて賑やかなお茶会になりました。

2019年9月3日 4:40 PM

『もう、ひと踏ん張り!』

 ケアハウスでは、毎年7月~9月を「熱中症対策月間」として、一日2回のドリンクタイムを設けています。午前と午後に全館放送にて「コップ1杯の水を飲みましょう」と呼びかけます。この呼びかけにすぐに対応できる方は良いのですが、耳が遠くて放送がよく聞き取れない方もありますので、冷たい水を持った職員が居室を回ります。室温が高くなっていることに気づかない方もありますので、エアコンの使用を勧めることもあります。あと1ヶ月。もうひと踏ん張りです。

2019年8月29日 10:47 AM

『琴碧寿会様』

ケアハウスの大正琴クラブのお稽古に、毎月指導に来て下さる「琴碧寿会」の上畑先生。
中々上達しない生徒にも、根気強く教えて下さり、感謝の思いでいっぱいです。そして毎年7月は上畑先生を始め、更に多くの先生方で演奏に駆け付けて下さいます。ケアハウスの皆様は、演奏に合わせて歌い、しっとりと楽しい時間を過ごさせていただきました。いつも有り難うございます。(ケアハウス 職員一同)

先頭へ戻る