2019年5月12日 12:49 PM

「知立祭り」

 

 

5月3日、ご利用者様が「知立祭り」にお出かけしました。ゴールデンウィーク中とあって、神社やその周辺は見物客で大賑わい!人ごみを避けながら移動し、屋台やメインの山車を見物しました。山車はとても大きくて煌びやか!高さ7メートル、重さ5トンの山車が目の前を通り過ぎる姿にご利用者様も「でっかいなぁ」、「きれいねぇ」と感嘆の声があがっていました。

お祭りのあとは近くの藤田屋に移動、知立名物あんまきとアイスコーヒーで一休みされました。知立市の文化を五感で楽しんだ外出となりました。

入浴はご利用者様にとっては身も心もサッパリとリフレッシュできる時間です。ある日、入浴後に「もう少しここ(玄関口)にいたい」と言われるご利用者様がみえました。西日と新緑のまぶしさに目を細め、玄関口から見える外の景色を楽しまれた後、満足そうな表情でフロアに戻られました。

 

 

以前、特養2階職員の素敵な紙細工がフロアを彩っているという、ご紹介をさせていただきました。今度は廊下にフォトスポットが作られました。フレームのように貼られた紅白のお花たち、早速ご利用者様に被写体になっていただきました。はにかみながらフレームに収まっていただいた2名のご利用者様、素敵です。

7:01 PM

「5月1日」

 

 

5月1日、ほんの少しだけ夜遅い時間、まだ眠れない一人のご利用者様が新聞を読まれていました。彼女が興味深そうに見ていたのは各誌トップを飾っていた「新天皇陛下即位」の記事。職員が「平成は昨日で終わり。天皇陛下は退位されて皇太子様が新しい天皇陛下になったんですよ」と説明すると「そうなの!?」と感慨深そうなご様子でした。新聞をめくり、皇室の紹介を熱心に見ているご利用者様。「この人(雅子様)が新しい皇后陛下?綺麗な人ねぇ」とため息をつかれると、職員も「美智子様もとても綺麗な方ですよね」と返し、その後しばらく皇室のお話で盛り上がりました。ご利用者様は「もう寝るけどこれ(新聞)は寝床で読むね」と新聞を持ってお部屋で休まれました。

新時代「令和」、最初の夜はこうして更けていきました。

当施設では様々なボランティア様に支えられています。その中、「あおみの会」の皆様はご利用者様の車いすを掃除してくださっています。4月の終わり、「いつもありがとうございます」の気持ちを込めて感謝状をお渡ししました。照れくさそうな笑顔で受け取ってくださった皆様。いつもありがとうございます。

2019年5月9日 7:43 AM

『広報委員会』

広報委員会では、各事業所の活動と催しなどをホームページ上で「見やすく・楽しく・わかりやすく」を合言葉に、日々ホットな情報を掲載しています。また、機関誌「いたわり」を年に3回発行しています。ホームページや機関誌を通して、私どもの施設「ヴィラトピア知立」をご紹介し、地域に愛される施設となれるように、今後も邁進していきます。

2019年5月4日 5:31 PM

『相性』

先日、「小柳さんは話しやすい」と嬉しいお言葉を頂きました。そのとき、喜びと共に一抹の不安を感じました。ご利用者様、ご家族様、ケアマネージャー様の中には「小柳には話しにくい」と感じている方がいるのでは?それもたくさん()

でも、大丈夫。(自己完結!)

ヴィラトピア知立ショートスティの相談員は「小柳と竹内」タイプの違う2人に加え、現場スタッフも個性豊か!!

きっと、「相性」ぴったりの人に出会えるのでは?

ご利用をお待ちしております。

 

4月23日、特養2階ラウンジで「すまいる21」の皆様によるサックス演奏の慰問がありました。近くで生演奏されるサックスと小太鼓はとても迫力がありました。「朧月夜」のような文部省唱歌や「せんせい」などの昭和の懐メロ、なんと13曲も演奏していただきました。集まったご利用者様もマラカスを鳴らしたり手拍子したり、はたまた大きな声で歌ったり、建物の外まで響くような、にぎやかな音楽会となりました。

「すまいる21」皆様、楽しい時間をありがとうざいました。また是非素敵な演奏をお聞かせください。

4月20日、高橋一敏様による津軽三味線の慰問が行われました。デイサービスからも観賞に来られ、会場は大賑わいとなりました!「桃太郎」のような童謡や「好きになった人」のような懐かしの歌謡曲を三味線の演奏にあわせて皆様で歌い、大合唱です。楽しい時間をご利用者様、職員で共有し素晴らしい慰問となりました。

高橋様、ご来所ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

当施設では食事の際、エプロンやタオルをたくさん使います。それらは洗濯した後、乾燥機にかけられフロアに戻ってきます。何人かのご利用者様にたたむのをお願いすると快く引き受けてくださいます。時には一人で、時には数人でお喋りしながらたたまれていく洗濯物。皆様のお手伝いで気持ちよい生活ができています。

先頭へ戻る