今月のお楽しみメニューの献立は「炊き込みご飯・天ぷら・茶碗蒸し・すまし汁」でした。ご利用者様の目の前で揚げる天ぷらは熱々で、美味しくご好評をいただきました。また、天ぷらを揚げるパフォーマンスも皆様に楽しんで頂けたご様子でした。

 

 

6月18日。この日の昼食は、「冷やし中華・チンゲン菜と油揚げの煮浸し・大根とピーマンのマヨサラダ」でした。冷やし中華は具材の彩りが良く、美味しそうでした。珍しいメニューで、皆さんは箸が進んでいたようです。当日は雨で少し涼しかったですが、これからの季節にピッタリの献立でした!

 

今月の「お楽しみメニュー」は、「炊き込みご飯・天ぷら・茶わん蒸し・すまし汁」でした。食事の放送前から、廊下には揚げたての天ぷらの香りが漂い、食欲をそそります。ご利用者様が座席に着き次第、その天ぷらが配られ、湯気が立っている天ぷらを天つゆにつけて頬張ると、ご利用者様は思わずにっこり。「茶わん蒸しも美味しいわ~」と笑顔がこぼれる食事でした。

 

 

特別養護老人ホーム ヴィラトピア知立を開設し、6月で30年目に入りました。長い年月を続けてこられたのも、ご利用者様のおかげであり、深く感謝申し上げます。ささやかではありますが、お祝いを兼ねて祝い膳をご用意しました。「穴子飯」に「エビフライ」とたくさんの料理にご利用者様も目を丸くして喜んでいただけました。

今月のデイサービスお楽しみ食は、「玉子巻き・いなり寿司・枝豆しんじょう・サラダ・茶そば・お饅頭」でした。ご利用者様からは「お腹いっぱい」「美味しかったよ」との感想で、満足していただけました。女性陣からは「お饅頭かわいい!」と好評でした。

5月24日。小規模特養の昼食は、「あさりの卵とじ丼・あげまきの煮物・ブロッコリーとハンペンの練りゴマ和え・味噌汁」でした。この時期に食べ頃となるアサリは、いいダシが出ていて優しい味でした。これから暑くなっていきますが、皆さん、しっかり食べて元気に過ごしていただきたいです。

2018年6月2日 3:40 PM

『特養のある日の夕食』

今回は特養の食事をご紹介します。ある日の夕食の献立は、「ロールキャベツ・野菜の塩だれ炒め・竹輪の胡麻和え・すまし汁」でした。「キャベツによく味が染みていて軟らかくて美味しい」と好評でしたよ。

 

 

4月12日、この日の小規模特養の昼食は、「しょい飯・ホッケの塩麹焼き・里芋と豚肉の煮物・大根とはんぺんの香味ダレ和え・味噌かき玉汁」でした。皆さんは「しょい飯」をご存知ですか?滋賀県の郷土料理だそうです。具たくさんで、おこげの匂いが香ばしくて、食欲をそそられました。ご利用者様にも好評でした。

ある日の昼食は①「山菜うどん」、②「鯖の煮付け」、③「豚スタミナ焼肉」の3種類から選んでいただきました。小鉢は春らしく菜の花を使って、「菜の花と小柱のマヨ炒め」です。最近は魚料理が人気です♪

 

 

 

 

桜がきれいに咲いている3月27日。小規模特養のこの日の昼食は、

・鶏そぼろと卵の二色丼  ・筍とちくわの炒り煮

・菜の花のピーナッツ和え ・味噌汁(あさり、キャベツ)でした。

筍や菜の花など、春の食材がたくさん入った献立で、もちろん美味しかったです!!

 

1 / 41234