2020年8月27日 8:06 AM

『観葉植物』

家の各所に観葉植物を置き育てています。写真に写っているのは「ペペロミア」という植物です。我が家に来て10年以上経ちます。一時期、手を掛け過ぎてしまい、葉が全て落ちて茎だけの状態となりましたが、再度植え替えを行い、ようやくここまで復活を果たしました。家で過ごす時間が多くなりましたが、植物が成長していく過程を観る事が楽しみの1つとなっています。                           特養・ショート事業 相談 I

 

毎日、コロナ、コロナの話題で、何処に行くにも「大丈夫かな・・・」と心配してしまう日々。「気分転換に旅行に行きたい!」と考えるも、先が見えないので計画も立てられずにいる今日この頃です。「お盆の帰省も叶うのか?」こんな悩みを持っている人が全国に沢山いそうです。コロナが少し落ち着いたら、旅行日程を考えたいです。

デイサービスセンター事業 管理者 安藤

8:01 AM

『娘』

我が家には3歳になる娘がいます。仕事と子育てで毎日大変ですが、仕事が終わり保育園に迎えに行った時、私の顔を見て「ママ~」と駆け寄って来る姿を見ると、疲れも吹き飛んでしまいます。家に帰ってから娘を寝かしつけるまでの時間が慌ただしく、疲れてしまう時もありますが、寝る前に娘に「ぎゅ~っ」としてもらい元気をもらっています。今後の娘の成長が楽しみです。

特養・ショート事業 介護 E

 

最近、子どもを連れて地域の公園によく出掛けます。行くと誰もいないのですが、遊んでいるうちに不思議と子どもが集まってきます。子ども同士で鬼ごっこしたり、ブランコで遊んだりします。子ども達は毎回ルールを変えながら遊びます。その日集まった子どもに合わせたルールで遊んでいるようです。「その時々で柔軟に遊ぶ」、これは子どもの特技なんでしょうね。やっぱり遊びは大切です。子どもは子ども同士の中で成長するんですね。

小規模特養事業 金田

もうすぐ暑い夏が来る・・・いや、すでに暑い。毎日30℃超えの日々が2か月くらいあるなんて。嫁さんは寒がりだし、冷房をつけても「冷房の風が嫌だ」とか言って気づいたら消してるしさ。でも、嫁さんは夏にご褒美をくれる。毎年土用の丑の時期には大好物の鰻。「うますぎる・・・ありがたや~ありがたや~。」今年はコロナでなかなか楽しみがないぶん、ちょっと贅沢に大きめサイズ。ありがたや~ありがたや~。

確か、8月も土用の丑の日あったよな?・・・おなか空いてきた。体が鰻を欲しがっている・・・「嫁様~暑いくらい全然大丈夫でーす!」

有料老人ホーム事業 A・K

2020年8月6日 1:04 PM

『ご家族の力!』

新型コロナウイルス感染防止対策にて、どの施設もご家族様の面会を中止されたことと思います。ヴィラトピア知立も6月下旬に入り、緊急性のある場合を除き面会中止!大変心苦しい毎日です。4月以降、数名の方はご家族と面会されました。皆様、心なしかお元気になられ、食が少し進みお話も聴けました。家長としての身構えもあるのかもしれませんが、改めてご家族の持つ力の大きさと絆を感じました。当たり前のように顔を合わす事の出来る日常に「感謝」、です。

統括施設長   深谷英子

長男の久しぶりの野球の応援。草野球チームの結成後、初の練習試合です。中学生だった子供達が大人になり大はしゃぎ。みんな立派になりました。コロナの自粛も緩和され、岡崎球場の大きなグラウンドで私も陽を浴び、風に吹かれリフレッシュできました。まだまだ未熟なチームですがメンバーを募集しています。興味のある方はヘルパー事業部までご連絡ください。

ホームヘルパー派遣事業 三浦

 

私の家には猫が6匹います。その中で一番下の子がこの「ビビちゃん」。家に来たのは今年の2月ですが、5ヶ月が経ち立派に成長し、今では先輩猫たちにちょっかいをかける程のいたずらっ子になりました。でも、時に甘えん坊な所を見せるビビちゃんが私は大好きです。これからも元気に育っていって欲しいです。

特養・ショート事業 介護 K・S

 

 

12:19 PM

『宣伝』

私の友人がケーキ屋とマッサージ店をそれぞれ個人で企業しました。外出自粛が少しずつ緩和されてきた中、うれしいお知らせでした。さっそくマッサージをやってもらい、とても気持ち良かったのでよかったら行ってみてくださいね。ケーキ屋は七夕の日がオープンとなっています。よろしくお願いします(^^)

小規模特養事業 S・K

 

 

 

自粛生活から少しずつ以前の生活に戻り始め、食事に出かけたい気持ちが・・・。そんな時にオイスターバーからの「ランチ 真牡蠣食べ放題7月末まで延長!」のお知らせ。友達に即LINEをし、食べに行くことに。生牡蠣・カキフライ・ウニと牡蠣醤油焼き・ワイン蒸し等・・・。大好きな友達とお腹いっぱい牡蠣を食べて笑顔いっぱいになれました。

 

居宅介護支援事業 N

 

 

 

先頭へ戻る